酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)をネットで安く買おう。

simpleで行こう
ナチュラルクリーニングとはキッチンにある安全素材「重曹」「酢」「せっけん」で掃除する方法です。人にも地球にもやさしいお掃除方法だから、小さい子からおじいちゃんおばあちゃんまで、家族みんなでお掃除ができますよ〜。

洗濯層の掃除、やさしい漂白に、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)は大活躍!



酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)

化学名:過炭酸ナトリウム
化学式:(2Na2CO3・3H2O2

洗濯層のクリーニングや、煮洗いで使用します。ただし、毛や絹などのデリケートな衣類や熱に弱い化繊には不向きです。
綿のブラウス、台拭き、布巾などは真っ白になります。
過炭酸ナトリウム100%のものを選んでくださいね。

<酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)の特徴>

  • 白色の粉末です。
  • 炭酸ナトリウム水溶液に過酸化水素を反応させて作られます。
  • 水に溶けると、炭酸ナトリウムと過酸化水素に解離します。
  • 水溶液はpH10.5の弱アルカリ性を示します。
  • 過酸化水素は弱アルカリ性水溶液中で加熱すると、活性酸素と水に分解して酸化力が上がり、色素を分解して無色の物質に変化させます(漂白)。分解された物質は除去されやすくなります。
    →温度が高いほうが漂白効果も上がる理由はここにあるんですね
  • 反応は温和なので、絹・毛を除くすべての繊維に使用でき、色柄物や樹脂加工したものにも使用できます。


使い方

洗濯層の掃除に

全自動洗濯機の洗濯槽の裏側に黒カビが発生したときの掃除に。 熱めのお湯を洗濯槽の高水位まで入れ、酸素系漂白剤を500g〜700g(洗濯機の容量や汚れ具合によって加減します)を入れて、3分間撹拌して良く溶かし、一晩放置した後、3分間回してから排水して、水で1回、運転すると、黒カビがとれます

洗濯層の掃除体験談

衣類のつけおき漂白に

40℃(入浴するぐらいの温度)のお湯3リットルに、大さじ2杯の割合で過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を良く溶かし、衣類をつけます。
1時間ぐらい(お湯がさめるまで)置いて、よくすすぎます。
ふたをするとお湯が冷めにくく、効果的に漂白を行えます。

綿や麻の白物は、もっと高温のお湯を使うとさらに効果的です。



茶色くなったまな板の漂白に

まな板の茶色くなった部分全体に、酸素系漂白剤をふりかけます。
その上に、キッチンペーパーなどを上にかぶせ、熱いお湯(60度ぐらい)を注ぎます。20分ほど放置した後洗い流します。


煮洗いで真っ白に

水1リットルに対して粉石けん小さじ2杯と酸素系漂白剤小さじ1杯の割合で、入れて良く溶かします。
その中に、煮洗いするものを入れて、吹きこぼさないよう、弱火で20〜30分煮た後、水で薄めて良くすすぎます。
ふきんも、薄汚れたシャツなども、真っ白になります。


石けん洗濯の助剤に

粉石けんや液体石けんを用いる場合、助剤として炭酸塩やセスキ炭酸ソーダを加えるのが効果的ですが、ない場合には酸素系漂白剤で代用することもできます。
加える目安は、洗濯機1杯に大さじ1〜2杯です。

発生した活性酸素は衣類の汚れに作用するより先に石けんと反応してしまうため、漂白作用は期待できません。酸素系漂白剤の炭酸ナトリウム(炭酸塩)の部分だけが助剤として働きます。
漂白したい場合は、洗濯後につけおき漂白を行ってください。

安く入手する方法

これまた、近くのスーパーを探したけれども、売っていませんでした。
生協にあって、喜んだのもつかの間、成分表示を確認したところ、過炭酸ナトリウム100%ではなかったのです(悲)。

そこで、ネットで安く手に入れられないかいろいろ探してみました。

そうすると、またまた、ケンコーコム本店が安いことがわかりました。

ちなみに、ケンコーコムはケンコーコム楽天支店があることが判明。
酸素系漂白剤と検索すると、いっぱい出てきます。

過炭酸ナトリウム100%のものをご紹介しますね。

ケンコーコム
酸素系漂白剤 500g 地の塩社
酸素系漂白剤

399円(税込)
750g シャボン玉石けん 
やさしい 洗濯用 酸素系漂白剤

378円(税込)
これが一番お得だったので、3つ購入しました!
だって、送料一緒だもん。



ナチュラルクリーニング

はじめに


お掃除道具編
ネットで安く買おう!
ちょっとまめ知識
これが訪問販売だ
最後に       

関連商品
4774126160
自然素材で毎日安心 ナチュラル生活 ~お掃除からスキンケアまで!重曹・ビネガー・精油・・・

ナチュエコ・コンフォートプロジェクト 塩屋 紹子
技術評論社 2005-12-20

by G-Tools


Copyright(c) 2005 simpleで行こう