重曹の掃除は化学反応で汚れを落としているのです。

simpleで行こう
ナチュラルクリーニングとはキッチンにある安全素材「重曹」「酢」「せっけん」で掃除する方法です。人にも地球にもやさしいお掃除方法だから、小さい子からおじいちゃんおばあちゃんまで、家族みんなでお掃除ができますよ〜。

重曹で汚れが落ちるしくみ
重曹で掃除をはじめると、汚れがするする落ちるので、はまってしまいます。

一番驚いたのは、焦げつきを落すことが出来たとき。
それに、茶渋も重曹水をあっためたら、抜群におちました。
重曹って、いったいなにもの???
疑問だらけだったので、ちょっと調べてみました。

汚れが落ちる仕組みを理解すると、重曹掃除が、より効果的に行えるようになりますよ。

重曹ってなに?
重曹(ベーキングソーダー)は、山菜のあく抜きや、ふくらし粉として、料理に使うものです。

中学校の理科では、炭酸水素ナトリウムって習います。
化学式(NaHCO3

重曹を化学する

  • 無色の細かい結晶で,水にとける。
  • 水溶液は弱アルカリ性をしめす。
  • ph値8 
  • 熱を加えると、分解して炭酸ナトリウム(NaCO), 水(H2O) ,二酸化炭素(CO2)が発生する。

    【化学式】 2NaHCO→NaCO+CO↑+H
  • 重曹を熱してできたものは、「炭酸ナトリウム」またの名を「炭酸ソーダ」「炭酸塩」とも言う。化学式(NaCO)、ph11、アルカリ度は高い。


※アルカリ性のもととなるものは、アルカリを水に溶かして、電離した水酸化物イオン(OH)です。
ph7より大きいとその水溶液は、アルカリ性といいます。


ということで、鍋の焦げつきがなぜ落ちるのかというと、二酸化炭素が発生して、焦げを浮かすことに加えて、重曹を熱して残ったアルカリ度の高い「炭酸ソーダー」のおかげで落ちる。つまり、ダブル効果で、しつこい汚れもすっきり落ちるわけですね。
これは茶渋も同じ。

すっごい納得!!

重曹の性質が、わかると、なんだかとっても掃除が楽しくなってきました。

中学校のときの理科って、ものすごく生活に密着していたんだなあって改めておもいました。当時は、そんなこと全く考えてなかったんですけどね(笑)。

重曹のその他の性質


<緩衝作用>
重曹は、水に溶かすと弱アルカリ性を示します。重曹には、酸を中和するだけでなく、アルカリに対してもphの作用を穏やかにする緩衝作用があります。酸とアルカリの両方を緩衝する性質があるからこそ、いろいろな場面で使うことが可能なのですね。

<穏やかな研磨効果>
重曹を湿らせたスポンジや歯ブラシにつけて使うと、穏やかな研磨効果があります。汚れを表面から引き剥がすことができます。重曹は汚れのついた表面より柔らかいので、キズをつけずに汚れを落すのです。
我が家では、プラスチック用品、テフロン加工の鍋フライパンにも使用していますが、キズは全くないですよ。

<磨きあげる効果>
磨き上げる効果もあります。クルマのフロントガラス、ヘッドライトについた、虫の死骸や、鳥の糞なども、湿らせたスポンジに重曹をつけてこすり、ペーパータオルでふき取るときれいになります。

<消臭作用>
重曹は、すっぱい酸性のにおいと、腐った魚のようなアルカリ性のにおいを取る力があります。もっともパワーを発揮するのは、密閉されて、多少湿気のある冷蔵庫、クローゼット、クルマのトランクなどです。冷蔵庫に口をあけた重曹の箱を置いておくだけで、約3ヶ月間の消臭効果があります。

<消火作用>
電機製品が発火したときには、重曹で消火することができます。ただし、発火する可能性がある紙や布や木、プラスチックなどの可燃物についた火には使えません。この場合はやっぱり水が一番です。
実は、市販の消火器にも重曹が入っているんですよ。


ナチュラルクリーニング

はじめに


お掃除道具編
ネットで安く買おう!
ちょっとまめ知識
これが訪問販売だ
最後に       

関連商品
4774126160
自然素材で毎日安心 ナチュラル生活 ~お掃除からスキンケアまで!重曹・ビネガー・精油・・・

ナチュエコ・コンフォートプロジェクト 塩屋 紹子
技術評論社 2005-12-20

by G-Tools


Copyright(c) 2005 simpleで行こう