片付け・不用品処分・「酢」「重曹」でお掃除のナチュラルクリーニングのコツを紹介しています。
simpleで行こう

ペットボトルなら後片付けは必要なし!
もちろん危険も伴いますので、身だしなみと換気にはくれぐれも注意して作ってくださいね。
 トップページ>ナチュラルクリーニングでシンプルライフ
ペットボトルで作る廃油石鹸 
天ぷらをした後の油を使った廃油石けんを作ってみました。

私が手作り石けんで参考書としている、前田京子著「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」では、廃油石けんはタブーです。
理由は、油に熱を加えることで成分が変わってしまうからです。
また、サラダ油は、どんな種類の油をどのぐらいの割合で入れているのかわからないし、また固まらないので良くないというのです。


でも、廃油には、天ぷらを揚げたときに食材の良い成分が入り、逆に美肌をつくる効果がある、という人もいます。

今回は、その効果を確認するため、廃油せっけんをつくってみました。
しかもペットボトルで作る方法を、クックパドでみつけたので、楽チンです。

<材料>
?使い古したサラダ油・・・250g  
?苛性ソーダー・・・30g
?水・・・100g
(水道水の水でOK、井戸水で硬水の場合は精製水を使用してください)
?ハッカ油(エッセンシャルオイルでもよい)・・・少々


<道具>
?ゴム手袋
?500mlのペットボトル(炭酸飲料のボトル以外のもの)
?はかり(デジタルが便利)
?ステンレスのスプーン
?軽量カップ
?ロート(プラスチックのもの)
?牛乳パック、もしくはプリンなどのプラスチックの入れ物
?冷水を入れたボール
?めがね(目を覆うもの)
※苛性ソーダーがこぼれると危ないので、新聞紙を引いておくといいですよ。



<作り方>
苛性ソーダーを溶かすときにガスが発生するので、必ず換気よく、そのガスを吸い込まないように気をつけてください。


?台所の流しの横に、サラダ油250g、水100gを計って準備する。ccやmlではなく、gなので、気をつけること。

この溶かした水はアルカリ性が非常に強いので、こぼさないように、気をつけてください
?はかりにペットボトルを乗せ、ロートをセットして、苛性ソーダーをスプーンで計り入れる。
その後、水を加える。
ロートについた苛性ソーダーを水に流してしまうように入れる。
※このとき、ガスが発生するので、直接吸いこまないように注意すること。また水を入れると発熱するので、冷水につけながら混ぜるようにすること。
ペットボトルのふたは閉めない
?人肌より少し熱いぐらい(40度)になったら、冷水から取りだし、廃油を一気に加える。
?すぐにふたをして、念のためビニール袋に入れ輪ゴムで口をしばり、激しくシェイクする。最初の1分は、激しく振りつづけ、3分までは強く振る。あとは、ゆっくりとふり10分ぐらいは振る。

型に入れたところ。
?油を入れたときの温度や、激しく振る程度、時間によって、進み具合がかわるが、ペットボトルを逆さにして、すぐに石けんが動かない程度に固くなったら、OK。型に流す前にハッカ油を数滴入れて、再度振る。
※サラダ油の場合は、1日置いても固まらない場合があるが、どろっとしていたら、型に流しても問題ない。
?発砲スチロールの箱に入れたり、ダンボールに毛布を巻いたり、新聞紙をかぶせてタオルを巻いたりして、保温しながら保管。
ペットボトルもふたをきっちりしめて一緒に入れる。
※危険なので、ペットや小さな子供が触らないようなところにおいておく。
?1日ぐらい立ってある程度固まっていたら、型から出して、乾燥させる。取り出すときは、アルカリ性がまだ強いので、ゴム手袋を使用すること。
今回は、あんまり固まっていなかったので、取り出さずそのまま熟成させた


?1ヶ月立てば、解禁。取り出さなかったので、念のため、2ヶ月熟成させた。
が、ジェル状で固まらなかった。
←は無理やり取り出したところ。
栗きんとんみたいになりました(笑)


泡立ちは、まずまず。普通の石けんと変わりません。使い心地も、よくってしっとりしています。
肌にやさしいか、きちんと確認するため、PHも計ってみました。写真ではちょっと暗っぽくうつっていますが、だいたい、PH9.5ぐらいです。市販石けんはPH10らしいので、若干マイルドな石けんということになりますね。

前田京子さんの言うとおり、サラダ油は固まりにくいですが、型からきちんとだせば、固まりそうです。
1つだけ、取り出そうとして、ぐちゃぐちゃに混ぜたものがあります。それは形は不恰好ですが固まっていました。野乃屋さんも無理やり型からだせば、固まると言っていました。その石けんは、白いいいかんじになっていたので、他のものも、取り出しても良かったなあと思っています。

ジェル状の石けんは、PHも問題なかったので、ほっとしました。
サラダ油でも、廃油でも、マイルドな石けんは作れるということですね。
※肌の弱い人は、念のため、パッチテストをオススメします。

こういうジェル状の石けんも、なかなか使いやすいです。
台所用せっけん、掃除用に使っていこうと思っています。
しかし、使っていくうちに、すごい油くさくなってきました。サラダ油の廃油石けんはあんまりオススメできないかも(苦笑)。

注意事項
ペットボトルで石けんを作ったら爆発したという記事を見つけました。
こういうこともあるので、くれぐれも換気には注意してください。
また、ゴーグルやめがね(目を覆うもの)を着用し、
必ずビニール袋にいれてシェイクすることをオススメします。

爆発して顔にかかった方もいるそうです。

もちろん安全にペットボトルで石けんを作っている人は
たくさんいますので、安心を。
いつも作っている人のブログを発見!
チコのアロマ館 ペットボトルでつくる手作り石鹸
ご参考に。

こんなの見つけた

廃油せっけん作りたいけど、めんどくさーいと言う人は、こんなもの見つけました。
これなら安全につくれますね。
・食用廃油処理剤固める油コックさん
使用済み油がかき混ぜるだけで、植物性の石けんになるというスグレモノです。
まぜたら石鹸
家庭の廃食油と混ぜるだけ。火も苛性ソーダも使わずに 翌日にはクリーム石けんのできあがり。廃油処理ができ、キッチンでも使えて一石二鳥!
フレ!フレ!リサイクル
ペットボトルに入れて振るだけで手軽に洗濯用・台所用石鹸ができちゃいます。



目 次

はじめに


お掃除道具編
ネットで安く買おう!
ちょっとまめ知識
これが訪問販売だ
最後に       



関連書籍

4594603777重曹・酢・石けんでナチュラルおそうじ―家じゅうキレイ!
佐光 紀子
扶桑社 2004-10

by G-Tools

4072405086ナチュラルハウスキーピング―アルコール・重曹・炭酸ソーダ・クエン酸と精油の力で家中“ナチュラルきれい”
古後 匡子
主婦の友社 2003-11-14

by G-Tools

スポンサードリンク

Copyright(c) 2005 simpleで行こう