片付け・不用品処分・「酢」「重曹」でお掃除のナチュラルクリーニングのコツを紹介しています。

simpleで行こう
お風呂に入りながらできるのが楽チンですね。


バスルームの掃除 
バスタブのぬるぬるっとしたのが大嫌いなので、掃除が嫌いな私でも、毎日掃除します(苦笑)。

といっても、お風呂を出る直前にバスタブと床を洗うだけです。

私は、お風呂の順番が最後のときに以下のことをしています。
湯船のなかで、ガーゼやタオルでバスタブの内側をこすります。
そして、お風呂ブラシでバスタブの外側や、体を洗うスペースなどをこすります。
そして水をかけて終わり。

洗剤が欲しいなあって思ったら、ボディソープとか、シャンプーをつかって洗います。
香りがあるので、かなり快適ですよ。

時々、重曹風呂をします。重曹をいれると、体があったまります。しかも、そのお湯でバスタブを洗うと、湯あか汚れもしっかり落せるので、一石二鳥。
ガンコな汚れの場合は、重曹プラス石けん(ボディソープ?)を付けてこすっています。

お風呂に入りながら掃除できるのが、ナチュラルクリーニングの魅力ですよね。

バスタブなどは、毎日掃除しているので、それほど頑固な汚れはないのですが、その他の部分は、普通に掃除します(ずぼらなので、1週間に1回ぐらい、いや一ヶ月に一回くらいかも・・・。)


洗面器や椅子

石けんカスの汚れがついていたり、黒かびが発生していることがあります。
酢水を吹き付けてからボロ布でこすり、残り湯で流します。

お風呂のフタ

ぬるぬるとした湯あかがついていたり、
すこしだけ黒かびがついていたりします。
そんな時は、重曹をふりかけて、お風呂用ブラシでごしごしこすります。
これで落ちますよ。

蛇口

こちらも見落としがち。
酢水をスプレーして、磨くとピカピカになります。

排水口

重曹を1/2カップ程入れてお酢の原液を流します。シュワシュワと発泡してきます。しばらくおいて熱いお湯を流します。においもとれてすっきりです。

天井

水滴がびっしりついています。
黒かびを発生させないためには、せっけんカスを綺麗に流し、乾燥させること。
乾燥させるためには、天井の水滴はとらなければなりません。
そのときに、クイックルワイパーに雑巾をつけて拭きます。
あっというまに水滴がとれるので気持ち良いですよ。

ボロ布でもOKです。軽いので拭きやすい。
でも何度も拭かないと水滴がとれないです。
また綺麗にふき取れないので私は雑巾をつかっています。でも雑巾だと、水滴を吸ってすごく重くなるので、一長一短かも。
     
うちのお風呂には窓がないので、カビキラーとかバスマジックリンとか使うのが怖いです。
以前、ふろ掃除中に、主婦が死亡っていうニュースがありましたよね?

お酢とか重曹、せっけんなら、変なガスもでないし、窓がなくても安心して掃除が出来ます

ナチュラルクリーニングお試しセット
(ちょっとだけ、試してみたい人にオススメ)

ナチュラルクリーニングお得用セット
(本格的にはじめたい人、お得好きな人にオススメ)



目 次

キッチン編


リビング編
バスルーム編
トイレ編      
洗濯編

重曹洗濯、染み抜きイベント編






関連書籍

4594603777重曹・酢・石けんでナチュラルおそうじ―家じゅうキレイ!
佐光 紀子
扶桑社 2004-10

by G-Tools

Copyright(c) 2005 simpleで行こう